最新最全の 兼用(リー)C/S ウェッジウッド・アレクサンドラ-カップ&ソーサー 最新最全の  兼用(リー)C/S ウェッジウッド・アレクサンドラ-カップ&ソーサー最新最全の  兼用(リー)C/S ウェッジウッド・アレクサンドラ-カップ&ソーサー


サイズ:カップ直径8cm高さ7cmソーサー直径14.5cm
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

売り切れ 再入荷しました。

アレクサンドロス3世Γ紀元前356年- 紀元前323年、在位紀元前336年 - 紀元前323年)、通称アレクサンドロス大王は、アルゲアス朝マケドニア王国のバシレウス(君主の称号)である。
ヘーラクレースとアキレウスを祖に持つとされ、ギリシア世界で最大の栄光を持つ両英雄の血筋を引くと考えられ、家系的栄誉はギリシア随一であった。
英語風のアレキサンダー大王とすることも多い。
ハンニバル、シーザー、ナポレオンなどの著名な歴史上の人物たちから大英雄とみなされていた。
旧約聖書やコーラン、シャー・ナーメ、ゾロアスター教など多様な民族の教典にも登場する。
紀元前342年、マケドニア人の学者アリストテレスを「家庭教師」として 「ミエザの学園」で、紀元前340年までアレクサンドロスとその学友を教えた。
彼と共にギリシアの基礎的な教養を身につけた「学友」たちは、後に大王を支える将軍となった。
東征中のアレクサンドロスに アリストテレスは『王道論』と『植民論』を書き送った。アリストテレスとの交流は アレクサンドロスの死まで続いた。

紀元前338年、アレクサンドロスは一軍の将として父に従い ギリシア南部に出兵しカイロネイアの初陣でアテナイ・テーバイ連合軍を破る。
父ピリッポス2世は ギリシア諸ポリスにコリントス同盟(ヘラス同盟)を締結させ 全ギリシアの覇権を握ると、続いてペルシア への東征を計画したが、紀元前336年に護衛に暗殺された。
20歳でマケドニア王を継承したアレクサンドロスは、コリントス同盟の盟主としてマケドニアを掌握すると、トラキア人を征服し 反旗を翻したテーバイを破壊し、全ギリシアに再び覇を唱えた。

紀元前334年、ペルシア東征に出発し、マケドニア軍38,000はグラニコス川の戦いで小アジア太守の連合軍4万を蹴散らしながら東進を続けて行く。
紀元前333年、ついにアレクサンドロスはアンティオキアの北西イッソスの戦いにおいて ダレイオス3世自らが率いるペルシア軍10万を敗走させ、ダレイオスの母・妻・娘を捕虜にし ペルシアから和睦の申し出を拒否し さらに進軍を続ける。

前332年 エジプトを解放したアレクサンドロスはファラオ名を得て、アメン神殿にその像を祭られ 自らをゼウスの子であるアメンの子とする神託を得た。
その後ナイルデルタの西端に都市アレキサンドリアを建設した。

紀元前331年、アレクサンドロス軍47,000は、チグリス川上流のガウガメラの戦いで20万~30万のダレイオス3世のペルシア軍を破った。
マケドニア軍は、ペルセポリスでは一般民衆に対しても凄惨な虐殺と強姦を繰り広げ徹底的に破壊して焼き払った。ペルシア戦争時にペルシアがアテナイのアクロポリスを焼き払ったことへの復讐であった。
翌年、ダレイオス3世が王族ベッソスによって暗殺された。アレクサンドロスはベッソスの不義不忠を糾弾してベッソスを捕えた後、エクバタナで公開処刑した。前331年 - 前323年 中央アジア方面へ侵攻したアレクサンドロスは、ソグド人 スキタイ人の騎兵にも勝利を収めた。
ペルシア王国を征服したアレクサンドロスは次にインドへの遠征を開始した。
連戦連勝 紀元前326年にインダス川を越えて 更にインド中央部に向かおうとしたが、部下が疲労を理由に進軍を拒否したため、やむなく兵を返すことにした。
11月からアレクサンドロスはさらにインダス川を南下してタッターに出た。紀元前324年にスーサに帰還した。紀元前324年にはマケドニア戦士とペルシア娘との民族和解のスーサ合同結婚式が行なわれた。

帰還したアレクサンドロスは、バビロンにおいて帝国をペルシア、マケドニア、ギリシア(コリントス同盟)の同君連合の3地域に再編した。
また、広大な帝国を円滑に治めるためペルシア人を登用するなど、マケドニア人との融和を進めた。
アレクサンドロスはアラビア遠征を計画していたが、蜂に刺され、夜の祝宴中に倒れた。
10日間高熱に浮かされ「最強の者が帝国を継承せよ」と遺言し、紀元前323年に死去した。
アレクサンドロスの遺体は ミイラとしてエジプトに埋葬されたとされたが 墓は未だに発見されていない。

残された大帝国では、彼の遺将たちが 大王の遺言 最強の覇者を争うことになり、ディアドコイ戦争を経て分裂した。
その後、紀元前168年に西方は順次ローマに併合され、東方はパルティアが領土の大部分を奪った。アレクサンドロス大王の一族はディアドコイ戦争中に殺害され、大王の血統は断絶した。

ギリシア文化とオリエント文化が融合したヘレニズム文化はアレクサンドロスの帝国とその後継王朝へ根付き、ラオコオン、ミロのヴィーナス、サモトラケのニケ、瀕死のガリア人などの彫刻が各地で制作された。
エウクレイデス、アポロニオス、アルキメデス、エラトステネス、アリスタルコスらの学者も輩出、その後古代ローマに強い影響を及ぼし、サーサーン朝などにも影響を与えた。

アラビア語やペルシア語ではアレクサンドロスの勇猛はイスラム世界に一種の英雄伝説となって2つの角があるとされ、イスカンダル双角王の名前で知られる。
アレクサンドロス・ロマンスの広まった範囲は、ギリシア文化を受け継いだヨーロッパやイスラーム世界のみならず、断片的に中国やエチオピアにまで広がっている。

フランスでは、トランプのクラブのキングのモデルとされている。
「古代イスラエル」(ダビデ=スペード)、「フランク王国」(カール大帝=ハート)、「ローマ帝国」(ガイウス・ユリウス・カエサル=ダイヤ)、「マケドニア王国」(アレクサンドロス)と、当時の「世界」を征服した4人をモデルとしているらしい(但しダビデ王は「世界」を征服していない)。

英国製 ENGLAND 1759 ロゴ

手工芸品 手の込んだ良いものを 少し
  原点回帰運動から生まれた 貴賓あふれる秀作
ラインのプラチナ模様も 静かな豪華さを演出
組紐模様 縄文式土器にもある如く 古くから成立して いるが 特に古代ローマ時代に 大いに発達しました。

ウェッジウッド起死回生の自信作のヒットを狙って  上代は 低く抑えられており 大変お得なシリーズです。

ネオクラシックを代表するジャスパー
古代ローマの カメオガラスを模して 4年の歳月 1万回にも及ぶ 焼成実験の結果 せっ器藍地に 白いレリーフを貼付する ジャスパーウェアを発明(1774年) 宝石並みの扱いを 受けるほど 英国紳士淑女に 憧れ求められました。
当時 ギリシヤ,ローマ遺跡の発掘とあいまって 典雅なロココから 端正なネオクラシックの 勃興の中 ジョサイアの 古代文明への博学と憧憬が 生み出した ジャスパーウェアは 時流に乗って ヨーロッパ中を 席捲しました。
磁器に先駆けたマイセンや セーブルを襲った この猛威を前に 磁器で先行した マイセンらは なす術も無く かえって ビスク焼きで 後追いするほどでした。

ポートランドの壷
古代ローマ(紀元前27年~紀元14年頃)作のカメオガラス。
1582年 古代ローマ皇帝の墓所で 発掘。めぐりめぐって英国国宝となった この壷を 5年の歳月をかけて 1790年 ジャスパーウェアで ジョサイアが 完全復刻に成功。彼の名声は 弥が上にもまし 彼の誇りの象徴となつた ポートランドの壷が 末永く ブランドロゴに採用されております。

英国ボーンチャイナ
英国では 磁土(カオリン)の産出がなくて 硬質磁器を作るのに 大陸から輸入して いくつかの窯で 細々と試みられていました。
一方で カオリンに代わるものを求めて 試行錯誤の後 1749年 トーマス・フレイが 牛骨を焼いた骨灰にたどり着きました。
1795年頃 この軟質磁器の 工業製品化に成功した1人が ジョサイア・スポード二世でした。
さらに1819年  現ザロップで フェルスパー(長石)が発見され 多くの窯で フェルスパー・ポースレーンの開発競争の中 この時代を リードしたのが 又 逸早く工業製品化に成功した ジョサイア・スポード二世でした。英国ボーンチャイナ確立

クィーンズウェアに続く このジャスパーウェアの 大ブレークが 先見の明あるはずの ジョサイアの目を曇らしたのか 後に隆盛を見る ボーンチャイナの開発に 余り関心なく(1780年 ブリストル硬質磁器窯の買収提案を拒絶)結局ジョサイア二世による 1812年にと 大幅に遅れることになりました。
しかしこれとても 先発するスポード社などに 及ばず 1818年には 取りやめました。
今 ウェッジウッドの 中核をなすボーンチャイナへの 再チャレンジは 1878年の遅きになりました。
やがて 研究熱心なウェッジウッドでは ワイルドストロベリー(初代 ジョサイア・ウェッジウッドが残した 8冊 約10000点の パターンブック 初版1769年頃 再版1810年 から 1806年に発表された ワイルドストロベリー。現在のパターンは 1965年発売)を はじめ 多くのヒット作の 中核的素材となる 美しいファインボーンチャイナを 完成させました。
余談になりますが ウェッジウッド家の 科学研究的優秀さは 中世最高の科学者 ダーウィンを 血脈としたこと(ジョサイアの娘スザンナの子が チャールズ・ダーウィン すなわちジョサイアの孫になります)でも有名で 世に喧伝されました。。

  • ※WEBサイトには一部商品のみ掲載しております。

PICKUP ITEMSPICKUP ITEMS

CONTENTSCONTENTS

TOPICSTOPICS